読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motor Lab.

高校生の共同プロジェクト|オートライフマガジン

カーライフがもっと充実するトピックをお届け|Motor Lab.

f:id:MotorLab:20170305142102p:plain


オートライフマガジン Motor Lab. のプロジェクトメンバー、尾崎正敏です。クルマ・バイク部門を担当します。

私は以前にも他のサービスでブログを更新していましたが、今年の春高校生になるのを期に友人と、乗り物の魅力を伝えるサイトを立ち上げることに決めました。

クルマは私が幼いころから持つ趣味であり、より多くの方にその魅力を知っていただきたいという思いで、トピックを更新していきます。

私は特にアメ車が好きで、好きな車はと聞かれたら、アメリカ産以外の名前は上がらないでしょう。折角なので今日は私の愛する車たちをご紹介します。

 

f:id:MotorLab:20170306195302p:plain


アメリカで最もアメリカンなオートブランド「ダッジ」。同社が開発した「SRT ヘルキャット」は正に怪物です。ダッジ自慢のV8 HEMIからは、707馬力という強烈なパワーが引き出されます。兄弟と共にアメリカン・マッスルを牽引するモデルです。

f:id:MotorLab:20170306195330p:plain


オーストラリアのオートメーカー「ホールデン」が製造する、ハイパフォーマンス・トラック「ユート」。高性能モデル “GTS マル―” は576馬力を誇り、その心臓部にはシボレー・コルベットの6.2L V8エンジン、通称LSAが収められています。

f:id:MotorLab:20170306195355p:plain


アメリカンのみならずヨーロピアンからも評価が高い「フォード・マスタング」。しかしそのスペックは “ドミニク” と “バンブルビー” にも引けを取りません。フードに隠されたV8エンジンのトルクとパワーは、ポニーマッスルの底力を見せつけます。

f:id:MotorLab:20170307111930j:plain


ここまで私の好きな車たちについて紹介してきましたが、Motor Lab. の自動車部門ではアメ車だけでなく、日本車(JDM, USDM)やヨーロッパ車のトピックもお伝えしていきたいと思います。

最近都会では、若者を中心に “クルマ離れ” が騒がれているようです。私はこのブログで「クルマを所有する価値」を様々な形で表現したいと考えています。

つまり「都会に暮らしているからこそ、クルマを持つことで新たな世界が手に入る」ということです。電車だけでは知り合えない “経験” や “出会い” があるのです。


Motor Lab. とは、自動車の研究室という意味です。そのメカニズムを研究したり、最新のカスタムトレンドを知ることで、私自身も皆さんと共に自動車の世界を学んでいきたいと思います。


ところでバイクはどうなんだと言われると、実は全く知りません。なのでこのブログの開設を期に、バイクについても学んでいきたいと考えています。

さらに Motor Lab. ではレーシングゲームのトピックを更新していきます。Motor Lab. は Xbox を応援しています。


Motor Lab. 自動車部門は「誰もがクルマ好きになれるサイト」そして「クルマ好きがよりクルマを好きになれるサイト」を目指して頑張っていきます。これからよろしくお願いします。

f:id:MotorLab:20170308211311j:plain