読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motor Lab.

高校生の共同プロジェクト|オートライフマガジン

「フィアット・TORO」のすべて【オシャレなイタリアントラックの魅力】

f:id:MotorLab:20170407154654j:plain


フィアットというと、コンパクトカーのチンクエチェントを思い浮かべるだろう。しかし彼らはこのアイコニックモデル以外にも、イタリアらしい素敵なクルマをたくさん造っている。南アメリカで生まれた「TORO(トロ)」も、その一台だ。

 

 「フィアット・TORO」とは?

お洒落なエクステリアが特徴の、ダブルキャブ・ピックアップ。荷台が付いたクロスオーバーともいえる。フィアットはこれを「SUP(スポーツ・ユーティリティ・ピックアップ)」と呼び、新しいセグメントの創出を狙う。

名前の由来は「雄牛」を意味するイタリア語で、そのイメージを踏襲してデザインされている。ブラジルで生産されるTOROは、その販売も南米に限定される。イタリア人も買うことのできない、レアなモデルなのだ。

f:id:MotorLab:20170407154909j:plain

斬新なデザイン

TOROの最大の魅力は、独創的なエクステリア・デザインだろう。今までのピックアップのイメージを覆す、斬新なデザインだ。

トラックでありながら4ドアを備えるTOROは、友達の多いアクティブな若者にぴったりだ。小型なので、ショッピングを楽しむ都会の女性にもおすすめできる。もしあなたがアウトドア派なら、汚れた荷物をそのまま積み込めるキャリアも魅力的だろう。

荷台に荷物を置くことに抵抗がある人は、あとで紹介するオプションパーツのコーナーを見てもらいたい。あなたの心配は、すべて解決するはずだ。

 

f:id:MotorLab:20170407155035j:plain

バリエーション

グレード

グレード 価格(レアル) 価格(円)
フリーダム 1.8ℓ フレックス仕様 RS 84.590 2,987,405.31円
フリーダム 2.4ℓ フレックス仕様 RS 98.730 3,486,777.71円
フリーダム 2.0ℓ ディーゼル仕様 RS 100.700 3,556,350.81円
フリーダム 2.0ℓ ディーゼル仕様(4WD) RS 109.290 3,859,717.77円
ボルケーノ 2.0ℓ ディーゼル仕様 RS 127.040 4,486,581.99円

 

TOROには大きく分けて、二種類のバージョンが用意されている。標準の「フリーダム(Freedom)」と上級の「ボルケーノ(Volcano)」だ。

フリーダムは1.8ℓフレックス仕様、2.0ℓディーゼル仕様、2.4ℓフレックス仕様をラインナップ。2.0ℓは4WDモデルも選べる。一方ボルケーノは、2.0ℓの4WDモデルのみ。装備の充実したハイグレード・モデルだ。

TOROは、ブラジルの人々のニーズにマッチした「フレックス燃料車」を展開している。詳しくは下のリンクをご覧いただきたい。つまりTOROはブラジルとイタリアのコラボレーションによって生まれた、傑作なのである。

カラー

  ブランコ・アンビエンテ  
  プレット・シャドウ  
  ヴェルメリオ・コロラド  
  マロン・ホライズン +5万円
  プラッタ・メルフィ +5万円
  プレット・カーボン +5万円
  ヴェルデ・ボタニック +5万円
  ヴェルメリオ・トライバル +5万円

 

8色を用意。内3色はソリッドカラー、5色はメタリックカラー(プラス5万円)となっている。おすすめはワインレッドのような「Vermelho Tribal(ヴェルメリオ・トライバル)」だ。フィアットらしいイタリアン・デザインと相まって、よりファッショナブルなクルマに仕上がる。

オプション

TOROをより快適にしてくれる、純正のオプションパーツが豊富に揃っている。ここではその一部を紹介したい。

荷台に荷物を置くことに抵抗があるなら、「カーゴベッドカバー」がおすすめだ。荷台全体をカバーしてくれるアイテムである。これで信号を待っている間に、荷物を盗まれる心配はない。「バケットバッグ」を使えば、積み荷に振動が伝わることもない。

荷台だけでは荷物を積みきれないという人は、「ルーフキャンバー」を付ければいい。屋根上にも、キャリーバッグを積めるほどのスペースが生まれる。

またフィアットは「燃料タンク・プロテクター」や「マッドガード(泥除け)」を用意している。これはTOROが見掛け倒しのオンロード・カーではなく、悪路も走れる立派なオフロード・カーであることを意味する。

f:id:MotorLab:20170408163209j:plain f:id:MotorLab:20170408163216j:plain

f:id:MotorLab:20170408163234j:plain f:id:MotorLab:20170408163246j:plain

あなただけのTOROを作ろう!

フィアット・ブラジルの公式サイトでは、グレード・カラー・アクセサリーを自由に組み合わせられるツールが利用できる。完成したTOROを手に入れるために必要な金額も見ることができる(レアル表示だが)。あなただけのTOROを作り上げよう!

まとめ

日本に住む人の多くは、フィアットについて「500」や「パンダ」くらいしか知らないと思う。この記事を通して、このブランドの新しい一面を知っていただけただろうか。イタリア最大のオートメーカー「フィアット」は、他にもいろいろなジャンルのクルマを製造している。また機会があれば、それらのモデルも紹介したいと考えている。

フィアット・グループには引き続き日本マーケットで頑張っていただきたい。ブランドを売り込み、販売台数を伸ばし、そしていつかは「ダッジ」を日本に...という訳にはいかなそうだが、いずれにせよ私はこれからもフィアットを愛し、応援したいと思う。

 

f:id:MotorLab:20170407155128j:plain

情報ソース